牛乳パック号


ゴム動力で外輪を回し動く船!

手軽に手に入る牛乳パック。
ご存知のように牛乳パックを使った工作はたくさんあります。
中でも「船」の工作は防水加工された牛乳パックの特性を活かした素敵な工作の一つです。

1800年代のミシシッピ河を運行していた優雅な外輪を持つ蒸気船を作ってみようと思いました。
しかし、出来上がりはご覧の通り。外輪を持ったなんともへんてこな漁船になってしまいました。

でも工作に必要なのは「思い込み」 ← 大切です!
蒸気船と思えば蒸気船に見える。強引ですが名前は「蒸気船パック号」にしました。

このパック号の面白みはただ単に浮かぶだけではなく、自ら動く力をもっている点です。
残念ながら蒸気の力ではありませんが、ゴムの力により外輪を回転させ進みます。
我家のお風呂で盛大に進水式を行いました。期待通りの力強さとその優雅な姿に感動しました。

近いうちに江戸川でその勇姿を披露しようと思っています。タイタニック号にならなければ良いけれど・・・

わくわくゴロリの牛乳パックでつくろう
ご存知わくわくさんとゴロリくんが紹介する「牛乳パック工作」の本です。

まさに牛乳パック工作の原点がここにあります。
ほとんどの牛乳パック工作はこの本のアイデアの応用といってもよいのではないでしょうか。

アイデアの源泉はここ!ここから広がる世界は無限、夏休みの自由工作のアイデアに困ったときにお薦めです。

この本は幼児向けの本だと思っている方、それは大間違いです。むしろこれは頭の固い大人向けの本です。発想の起爆剤となること間違いなしです。ただ作るだけではなく作った後必ず遊べるわくわくさんの工作を体感しましょう。
2人のキャラクターがとても自然に「創造の森」へと案内してくれることでしょう。

これ1冊にアイデアが18もあります。何百、何千のアイデアの源になることでしょう。

牛乳パック工作 蒸気船パック号 牛乳パック工作 蒸気船パック号


プカプカ泳ぐ くじらさん(ひまじんの工作図鑑) スイスイ泳ぐ 白鳥さん(ひまじんの工作図鑑)



工作の館ホームへ

inserted by FC2 system