発砲トレーで恐竜ワールドを作ろう



夏はやっぱり恐竜!
発砲トレーで「恐竜ワールド」を作りました。

発砲トレーの恐竜ワールド

太古へのロマン、かつて地球を支配していた巨大な恐竜たち、ワクワクします。
いろいろな種類の恐竜の形の特徴をとらえ、発砲トレーで組み立ててみました。

発砲トレー恐竜の作り方

【材料】
発砲トレーだけです。
いろいろあるよ!発砲トレー
形や色も様々です。
よく洗って乾かしてから使いましょう。

【道具】
はさみだけでできます。
他にカッターナイフ、ビニールテープ、マジックなどもあると便利です。

【手順】
手順はとっても簡単です。

@いろいろな形に発砲トレーを切り取ります。
A発砲トレーを組み合わせる部分に切り込みを入れます。
B切り込み同士を組み合わせて組み立てます。

ジョイント
このようなジョイントがあると便利です。

【作品紹介】

ティラノサウルス
発砲トレー工作 ティラノサウルス
地上最大の肉食恐竜、ティラノサウルスです。
何と15mもあったそうです。
最も人気がある恐竜ではないでしょうか?
丈夫なアゴ、鋭い歯、貧弱な前足、太い後ろ足、バランスをとる尻尾が特徴です。
前足を少し太くするとアロサウルスになります。
デイノニクスなどにも応用できます。

スーパーサウルス
発砲トレー工作 スーパーサウルス
全長33m、体重130tもの巨大な恐竜スーパーサウルスです。
長い首、頭の上の鼻、後ろ足に比べて長い前足が特徴です。
一回り小さくするとブラキオサウルス、
一回り大きくするとウルトラサウルス、
更に大きくするとセイスモサウルスになります。
「世界の巨大恐竜博2006」にスーパーサウルスの全身骨格がやってきました。

ステゴサウルス
発砲トレー工作 ステゴサウルス
形がユニークで人気があるステゴサウルスです。
ご覧のとおり背中の板と尾のスパイクが大きな特徴です。
背中の板は実際には2列あるようですが作品には表現していません。
体温を調節するために使われていたと考えられています。

プテラノドン
発砲トレー工作 プテラノドン
空飛ぶ爬虫類、プテラノドンです。
前足から後ろ足へ伸びた翼が特徴です。実際には皮だったようですが。
翼を広げると8mもあったそうです。
後頭部から後ろに伸びた棒をとるとランフォリンクスになります。

みんなもいろんなものに挑戦してみましょう。



恐竜の世界(ひまじんの工作図鑑)

工作の館ホームへ

inserted by FC2 system