牛乳パックを使って頭の体操!(パズル作り)




牛乳パックを使って立方体のパズルを作ってみました。
ルービックキューブほど難しくないですが適度に難しくて楽しいですよ。

わが家のキャラクター森のくまさん一家のお父さんぐまとこぐまをパズルにしてみました。
牛乳パックパズル 牛乳パックパズル
6面ともこぐまちゃんになっています。 6面ともお父さんぐまになっています。

牛乳パックパズルの作り方

【材料】
牛乳パック、紙

【道具】
はさみ、マジック、色鉛筆、ボンド、定規、セロテープ

道具と材料

【手順】
@牛乳パックを切ろう!
牛乳パックを切る! 牛乳パックを切る!
牛乳パックを解体します。 口の部分と底は切り取ります。
牛乳パック 牛乳パックを3等分に
3等分になるよう線を引きます。 3等分に切ります。

Aそれぞれの面に絵を描こう!
それぞれの面に絵を描きます。
今回は別の紙に描いた2種類(各6枚ずつ)の絵を各面に貼り付けています。
(牛乳パックに直接描く場合は油性マジックを使います。)
お父さんくま 1つ こぐま 3つ
お父さんくま 2つ こぐま 2つ
お父さんくま 3つ こぐま 1つ
となるようにします。

B組み立てよう!
まず、
「お父さんくま1つ、こぐま3つ」のパーツと
「お父さんくま3つ、こぐま1つ」のパーツを
それぞれセロテープでとめます。
最後に「お父さんくま2つ、こぐま2つ」のパーツを真ん中にして他パーツを繋げば完成です。

面の絵を自分の好きなキャラクターなどにすると楽しさ倍増です!



牛乳パックが456本あれば豪華な椅子も作れます。
牛乳パックの椅子(ひまじんの工作図鑑)

工作の館ホームへ

inserted by FC2 system