超軽量! 飛べストローハンググライダー



ゴミ袋のビニールとストローで超軽量ハンググライダーを作ってみました。
室内で楽しく飛ばして遊びましょう。
ハンググライダーの飛ぶ仕組みも勉強できるような気がします。
ハンググライダー工作 ハンググライダー工作
HIMAJIN号です。 わくわくさんに似ていますけど?

ハンググライダーの作り方

【材料】
ゴミ袋、ストロー、牛乳パック、紙、針金

【道具】
はさみ、カッターナイフ、マジック、定規、セロテープ、ペンチ
ハンググライダー工作 材料

【手順】

@型紙を作ろう!
ストローの長さ18cm
ストローの組み方 18cmのストローを使いました。
ハンググライダーの翼の型紙 翼の型紙
写真のような型紙を作ります。 ストローの長さより若干大きめです。

Aゴミ袋を切ろう!
型紙に合わせてカッターナイフでゴミ袋を切ります。
今回使用しているゴミ袋は厚さ0.015mmの超軽量です。
翼に絵を描くのならこのタイミングで!

Bストローの骨組みを翼に取り付けよう!
セロテープでストローを取り付けます。

C針金でコントロールバーを作ろう!
針金を17〜18cmに切る。 形を整える。
(牛乳パックを利用してみました。)
コントロールバー
コントロールバー完成!

D機体にコントロールバーを取り付けよう!
目打ちなどで取り付け部に穴を開ける。 穴に針金で作ったコントロールバーを
取り付ける。
こんな感じです。

Eパイロットを作ろう!
牛乳パックを適当な大きさに切ります。
14cm×4cmくらい
2つ折りにして2重にします。
わが家のキャラ(?)森のくまさん一家の
こぐまを描きました。(←下手)

Fパイロットを乗せよう!
コントロールバーにくまちゃんを乗せ、
セロテープでとめたら完成です。
重さは超軽量!
何とパイロット込みで3gくらい。

【ハンググライダーの飛ばし方・遊び方】
写真のようにもち、軽〜く前に押し出す感じで手を離します。
力強く押し出したり、投げたりしても飛びません。
パイロットの位置を右にずらすと右旋回、左にずらすと左旋回、
パイロットを翼と平行に寝かせたり、垂直に立てたりしても飛び方は変わります。
目的の場所にうまく着陸させたり、飛行距離を競ったりして遊びます。

「飛ぶ」を楽しもう!

極小飛行機ラジコン 驚異的に飛ぶ紙ヒコーキ 自分で作るラジコン飛行機
室内で手軽に操作可能な飛行機。わずか約3.5g、全長約17cmという、超軽量かつ極小サイズのラジコンです。専用の赤外線コントローラーを使い、室内で上昇や下降、左右旋回といった本格的な飛行を楽しむことができます。
日本折り紙ヒコーキ協会会長戸田拓夫先生の本です。
私も実は折り紙ヒコーキにかなりはまりました。戸田先生の紙ヒコーキは体育館で十数秒、外では風に乗ると1分以上も飛び続けます。
簡単、よく飛ぶ、折り紙ヒコーキの数々。シンプルでいて奥が深い「折り紙ヒコーキ」を楽しんでみませんか。
赤外線を使った超軽量リモート・コントロール装置を作ってみませんか。赤外線送受信機を製作し、インドア・プレーンを2機種製作し、その受信機を搭載します。
初めてという人にも、「初めてのPICプログラミング」も充実しています。ラジコンを利用する電子工作へのあらゆる応用ノウハウを取得することができます。

工作の館ホームへ

inserted by FC2 system